採用情報

建設コンサルタントの魅力とは?

建設コンサルタントの魅力①
みんなの暮らしに役立つ、社会から求められる仕事です。
 私たちの生活は、朝起きて使う水道や電気、通勤・通学で使う道路や鉄道といった社会資本のおかげで成り立っています。
 そして建設コンサルタントは、これら公共事業として行われる社会資本の新規整備計画や維持管理計画にかかわっています。
 私たちが仕事に立ち向かうときは、自然環境を傷つけないか?安全性は大丈夫か?工事にかかる金額に問題は無いか?など考えながら、お年寄りから子供、自然の生き物まで、みんなの喜びや笑顔を思い浮かべます。
建設コンサルタントの魅力②
街や人の未来を考え、人々に幸せをもたらす夢のある仕事です。
 私たちが暮らす日本では、いつでもきれいな水が飲め、車で行けない場所はほとんどない、たいへん便利な国になりました。
 しかし、これからおこると言われる東南海・南海地震のような大きな地震への備え、古くなった街や道路の修理、お年寄りが増え働く人が少なくなる少子高齢化問題など、たくさんの課題があります。
 私たち建設コンサルタントは、このような課題に対面し、人や街の未来を見つめ、さまざまな技術者たちと協力して知恵を使い、知的サービスを提供する、人や街の未来づくりに貢献できる誇りの持てる仕事です。
 また、先輩技術者たちの努力のおかげで、土木技術者の活躍の場は世界の発展途上の国々にまで広がっています。

建設コンサルタントに求められる素養

建設コンサルタントの資源は人財です
 建設コンサルタントの仕事は責任のある、やりがいのある仕事です。これを行うためには、常に高度な技術力が求められ、経験や学習によって継続的に能力を伸ばすことが必要です。
 専門能力の探究とコミュニケーション能力の向上は必須です。企業の役割・企業内の技術者の役割に応じて、自己の能力開発を継続的に維持・向上できる技術者、自己目標への道筋を意識して自らを鍛える技術者が求められています。
 正・不正を的確に判断できる倫理観を有し、適正な技術をもって問題解決する技術者が期待されています。倫理は技術者が堅持しなければならない規範であり、業務や役割に応じた固有の倫理があります。
 関連法令の遵守は倫理堅持の前提条件です。
 
企業に求められる能力(人財)
【問題対応力】
 ・企画力 ・発想力 ・想像力 ・問題発見力 ・問題解決力 ・分析力
 ・判断力 ・情報収集力 ・遂行力(工程管理) 等
 
【人間対応能力】
 ・コミュニケーション力 ・プレゼンテーション力 ・分析力 ・判断力
 ・情報収集力 ・説得力 ・交渉力 ・調整力 ・マネジメント力 ・行動力
 ・リーダシップ力 ・教育指導力 等